健康型有料老人ホームのメリットとデメリット

健康型有料老人ホームは、例えて言うなら食事や清掃等のサービスがついた、言わば高齢者限定のサービスアパートメントといった趣の施設となっています。先ほど紹介したように、この健康型有料老人ホーム入居者は、介護の必要がなく基本的に自立して生活できる高齢者です。

ですがたとえ高齢でも健康で自立した生活が送れるということではあっても一人暮らしでは不安だなどと考える高齢者が、こうした健康型有料老人ホームを数ある有料老人ホームの中から選ぶ際の第一の選択肢としているようです。

健康型有料老人ホームのメリット

自宅で一人で暮らす場合に必要な家事から解放されること、家事や或いは生活に必要なサービスは勿論専門のスタッフが行ってくれます。また高齢者の暮らしにとっては不安な、万が一のときにも傍に人がいて迅速に対応してくれます。

健康型有料老人ホームのデメリット

先に紹介したように原則として入居した高齢者が健康で、尚且つ自立して暮らせることを前提にした施設ですので、もし高齢者に介護が必要となった場合にはそこから退去しなければなりません。

退去するか、或いは多くの健康型有料老人ホームの場合、同じ敷地内に介護棟や介護付き老人ホームを併設していたり、或いはそれらの介護施設、福祉施設と提携していたりしますので、そちらの方へ転居しなければならなくなります

■□■まとめ■□■

最後に健康型有料老人ホーム入所に関する気になる費用ですが、健康型有料老人ホームの入所に関わる費用は、当然ながらその運営者や施設、設備等によってもいろいろと異なりますが、一般に他の高齢者福祉施設や住宅等を利用するよりも高額になる場合が多くなっています。従って老人ホームの種類や費用についての面の高さも健康型有料老人ホームのデメリットと言えるでしょう。

Valuable information

食用金箔

Last update:2018/1/23